アラフォー 婚活等

探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つです。

実費には移動にかかる費用、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査員の食事代が足されるケースもあるみたいです。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、算出した費用です。

短時間で調査を完了すると請求額も少額となります。不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、金額は低いです。

さらに、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要となります。

第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が必要です。探偵は頼まれたことの調査をやるだけではそれだけでいい訳ではありません。

浮気の事実があるのか調査していると、トラブルが発生する可能性があります。

そういう時に、一番に依頼人のことを一番最初に考えてくれる探偵が信頼に値する探偵と言えます。

信頼できる探偵の見分け方は、相談した時の対応などで落ち着いて決めてください。

カーナビにより浮気の事実を証明できます。みつからないようにカーナビに残っている履歴を確認することで、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられることがあります。

あまり見たことのないところの履歴があった場合、注意する必要があります。

そして、よくもしガソリンを入れていたら、デートに車が使われていることがあります。

結婚している相方が、浮気しているときでも結婚生活を解消したくないのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはやらないほうが無難です。

浮気していることを指摘された結果、相手が逆ギレしてしまって、夫婦関係が修復不可能になることもあります。

また、浮気相手と接触してしまうと、精神的に、大きく消耗することになります。

もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調べる時間が少なくて済むので、調査にかかるお金は少なくなります。

しかし、浮気をしている日時が知っているにしても、見知っている人にお願いして写真を撮ってくれることになっても、多くが失敗するに違いありません。

気づかれずに写真撮影を行うにはプロの探偵に調査してもらうのがベストなのです。

浮気をしている事がSNSを通じて明るみになることもあります。

SNSは名前を伏せて利用している事もあるので相手も思いがけずに、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事がありがちでは、ないでしょうか。